一般家庭で行う印刷よりもやはり印刷会社のほうが質が良い

代行サービスを利用する前に知っておきたいこと

FEATURE

年賀状を送ろう

年賀状は、この一年お世話になった方に贈る新年の挨拶状です。これまでは無地のハガキに手書きで文字を入れていましたが、最近は裏面に写真を貼り付ける形のものが増えてきました。

詳細を見る

便利なサービス

スキャンサービスには、大きく別けて2つに別れます。1つはセルフサービスで行なうスキャン作業、そしてもう1つは顧客の代わりに業者が代行するサービスのことを言います。

詳細を見る

冊子の印刷方法

冊子の印刷は、道具が無く方法も分からない一般人には難しい作業です。そのため、多くの企業が印刷業者に依頼します。印刷業者を選ぶ際は、実績や評判の高いところを選ぶようにしましょう。

詳細を見る

内容や予算面

会社案内は、名刺やウェブサイトと同じくらい会社をアピールするのに大事なアイテムです。会社案内を作成する時には、全体的なイメージをはじめ、キャッチコピーや取引先の情報など、様々な部分が必要になってきます。

詳細を見る

喪中はがきの注意点

身内に不幸があった場合、喪中はがきを作成する必要があります。喪中はがきは、自宅にパソコンがあれば簡単に作成することができます。喪中はがきを投函する時期は、十月下旬から十二月中旬が一般的だとされています。

詳細を見る

発展する印刷技術

印刷やプリントアウトは、かつて専門的な業社なおでしか行うことは出来ませんでした。
それはどの分野でもおなじです。例えば、チラシやフライヤーがそうですし、Tシャツや冊子、写真など、全てにおいて、専門の業社で行う必要がありました。
しかし、それは時代とともに移り変わってきています。最近では、どの分野でもある程度は自分で印刷をすることができるように なってきました。
それはインターネットの普及やパソコンの普及が絡んでいます。

インターネットやパソコンの普及は、世の中の印刷技術をとても身近なものにしました。
まず、パソコンが普及したことで、同時にプリンターも普及していきました。プリンターとは、一般的に印刷会社などにしかなく、一般家庭ではあまりありませんでしたが、最近安価で購入できるようにもなってきたため、一般家庭でも普及されました。
プリンターはかつてサイズや形の決まった紙しかプリントアウトをすることができませんでしたが、今ではハガキやCD、写真なども印刷することが出来るようになりました。
そのため、プリントアウトをする上で業社に依頼をすることは減り、自分のお家でリーズナブルにいつでもてがるに印刷を行うことが出来るように鳴りました。
では、印刷会社がいらなくなったのかというと、そんなことはありません。
例えば、一般家庭のプリンターなどで扱う範囲をはるかに超えた大きさの紙で会ったり、特殊な用紙であったりする場合には、やはり印刷会社でしか対応をすることは出来ません。
更に、印刷会社の印刷の技術は、一般家庭のプリンターよりもはるかに高い技術を持っているところがあります。
そのため、家庭での印刷が発展を遂げたとしても、印刷会社が無くなるということはありません。

↑ PAGE TOP